ふるさと納税やっていますか?

「ふるさと納税」とは、第一次安倍政権と言われた2008年に創設された制度ですが、誰が何位目的で制定したのでしょうか。 また創設された経緯や理由について、そして「ふるさと納税」がここまで普及することになった背景にある「ふるさと納税三大意義」についてもご紹介していきます。

ふるさと納税のメリットとは?

なんとなく人気があるのは知っているものの、「ふるさと納税」が具体的に自分にどれほどのメリットがあるのかいまだにわからない人も多いかと思います。 ここでは「ふるさと納税」を行うメリットは何か、お伝えしていきます。 上手く活用すれば費やした金額以上の「特権」を得られますよ!

返礼品とは?

ふるさと納税と聞いて一番にイメージするのが「返礼品」という人も少なくはないのではないでしょうか。 豪華なお肉や海産物、野菜やフルーツなど地物の特産物は勿論の事、中には面白い体験イベントを返礼品にしている自治体もあります。 ここではそんな一番の魅力である「返礼品」についてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税の目的や意義は?

みなさんは「ふるさと納税」をご存知でしょうか。
最近ではテレビCMも放映されていたり雑誌で見る機会が増えてきたり、メディアを通しての露出が目立つようになってきました。
しかし「ふるさと納税」と聞いても、どう始めたら良いのか、いくらから始められるのか、そもそもどんな仕組みで出来ているのか、詳細に説明できる人の方がまだまだ少ないと思いますので、まずは「ふるさと納税」とはなんなのか、根本的な説明からさせて頂きます。
ふるさと納税とは、自分の生まれ故郷や、応援したい自治体に寄付金を収める事ができる制度の事をいいます。
「ふるさと」というぐらいですから、出身地のみと思っている人もいるようですがそうではないのですね。
所得税や住民税は一般的には自分が住んでいる地域の税務署や自治体に納めます。
しかし、ふるさと納税は定められた上限額以内であればどの地域にでも、仮に同時に複数の地域であっても、納税する事ができます。
例えば「震災の復興の為に寄付」したり「旅行に行って好きになったあの町に寄付」なんてことも可能です。
また、ふるさと納税しよう!と思い立って地域の事を調べてみると「この町はこんな素敵な取り組みをしていたんだ」と、地域の人々の懸命な活動にも気づかされます。
単に「この取り組みに応援したい!」という気持ちで選んでも十分なんです。
そして、ふるさと納税をする最大のメリットは「返礼品」です。
ここまでふるさと納税が普及することになった背景には、この仕組みが大きいのではないでしょうか。
そして、もうひとつの大きなメリットが「所得税や住民税が減額される」ということです。
このサイトでは、ふるさと納税をすることで得られるメリットや、人気の自治体などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。